6ヵ月間のセラピスト講座で苦手を克服!

私はセルフケアを充実させたくて今年の3月から「愛されセラピスト養成講座」を受けに行きました。

11年前、どこへ行っても改善しない学生時代からの腰痛・肩こり・身体の不調を何とかしたくて、好きな仕事を辞め整体の勉強を始めました。「治してもらうのではなく、治し方を学ぶことで改善して行くんだ」と気付き、それを伝えたくて7年前に開業しました。(葉山では2年目です)

セルフケアの重要性は身に染みているのですが、もっと楽しくのめり込む方法はないのか?と探していたところ、「魔法の触り方 シルクタッチ」で美脚セラピストになった「もりもりさん」に出会いました。

最初は正直「ちょっと怪しいネーミングだな」って思ったのですが、そこにはまだまだ自分では気付いていない世界がありました。もっともっと力を抜き、相手を感じて、柔らかく・力強く生きていける方法を教えてもらいました。

明日はその講座で習った「クッションボールで寝ながらゴロゴロストレッチ」&「後ろ姿が10歳若返る歩き方レッスン」のイベントです(参加受け付けは終了しました)。整体部屋の都合上少人数制なので、お一人お一人の身体に触れるなぁと楽しみです。肩こりや腰痛が本当に楽になるケアなので、体感してコツを掴んでほしいと思います。

さてさて、突然ですが皆さん苦手なことってありますか?

実はわたくし写真に写るのが苦手でして、撮るのは好きですがカメラを向けられると「面白い顔しなきゃ」とか「笑顔・笑顔」とか・・・なんだか意識しちゃって。恥ずかしがり屋?自意識過剰なんでしょうか?

いつも自然に写っている人や笑顔がステキな写真を見ると羨ましいなと思います。

でも講座で毎回毎回『集合写真』を撮ってもらったお蔭でだんだん慣れてきました。意識と慣れ(身に付くまでやる)ですね。しかも昔から「背が高い人は後ろ!」って言われて自分でも思い込んでいた思い込みが、「後ろに迷惑かけなければ前でもいいんじゃない?」って思うようになりました。

人から言わせればど~~~でもいいことなのに自分の思い込み(常識)に縛られて、もはや疑問にすら思わないことってありますよね。そうしたかったらそうすればいいのに、自分でブレーキかけちゃうんです。

そうしたかったら、本当にそうすればいいんですよね!(*^_^*)


4月に撮った集合写真。一番後ろにいます。「これからみんなで学ぶぞ~!」って感じ。


先日撮った集合写真。一番前にいます。「学んだことをみんなに伝えるぞ~!」って感じです。

前に行ってもいいんです。遠慮しなくていいんです。キレイになっていいんです(笑)。

「老化のピークを45歳にしよう!」ってもりもり(親しみを込めていつも呼び捨て)が言ったので、その考えに賛成しました。だんだん更年期・加齢・老化だって片付けられちゃうけど、みんなが健康習慣を取り入れて若返るという体感をしたので、自信をもってお伝えしていきます。ちなみにもりもり50歳、私今年48歳。40・50・60代のみんなが若返りました。

たのくるしい(楽苦しい)時間でした。習慣にするための実行の日々でした。

『健康で元気で綺麗で』・・・やりたいことをやる!同時進行ですよ!

明日はそんなキッカケになったらいいなぁと思います(*^_^*)

では、また。^^。