初めての味噌作りで昔が蘇りました

今年もキムチを漬けましたよ!

去年初めて作り、とても美味しかったのでまた漬けてみました♡

少し具を多めに入れてこんな感じに!

7日目です。↑

美味しそうでしょ〜! はい、美味しいです(笑)。
全て食べてしまった残り汁と具で、

キムチ鍋や

スンドゥブチゲを作り、堪能しました( ^ω^ )。

最近『愛はビューティフル、人生はワンダフル』という韓国ドラマにハマってまして、いつも「ご飯はもう食べた?」「ご飯にしましょ!」というセリフがあり、食を大事にしている国なんだと思います。格差社会の恋愛ドラマなのですが、私は食いしん坊なのでつい食べ物に目が行ってしまいます。ソルロンタンというスープもドラマで知りました。

以前韓国に行った時、何を食べても美味しかったので今度はソルロンタンも作ってみます!YouTubeを見てみると「牛骨・・・」っとのこと。牛骨は使ったことが無いので人生初のお買い物になりそうです。ドキドキ!

さてさて、今年は味噌作りにも挑戦しました。

大豆を煮て潰し

麹と塩と茹で汁を少し加えて混ぜ

空気を抜くように入れ物にいれて

仕込み完了。半年以上置きます。時間はかかりますがその分楽しみです♪

実は子供の頃手作り味噌で育ちました。薪ストーブの上に大きな鍋で大豆を煮て、「親指と薬指で挟んで潰れるようになったら火から下ろす・・・」などと祖母が言っていた記憶があります。当時の大豆の煮えた匂いが蘇りました。

明治生まれの祖母は味噌や漬物を作ったり・蕎麦やうどんを打ったりしていましたが、いつも目分量なのに上手で良い塩梅(あんばい)・良い加減なんですよね。

身体が覚えてる・・・という領域です。何度も繰り返して身につく技(?)ですね。

う〜ん、見習わねば・・・(*^ω^*)

 

では、また。^^。