身体を変えるのに年齢は関係ない

あちこちでクリスマスの装いを見かけると、年末らしいなぁと思いますね。Hayama整体haraの玄関もサンタさんが登場しております。のぞきに来て下さいませ!

さて、ご近所の70代のお客さんからのご紹介で、上大岡へ行ってきました。訪問・出張は基本的にやっておりませんが、お話を聞くとHayama整体haraまで来られるのは難しそうでしたので、今回は訪問させて頂くことにしました。

上大岡のKさんは脊柱管狭窄症と診断を受けており、本来背骨はゆるいS字カーブを描いているのですがCカーブ状態で腰が少し曲がり、長年杖をついて歩いていました。痛みはそれほどでもなかったようですが、今回はかなり脚が痛くてシビレもあるそうで、長い距離を歩けそうにありませんでした。

施術前の姿勢。

Kさんはビーズで絵を描くビーズアートを手掛けています。あの小っちゃいビーズですよ!お宅には素晴らしい作品の数々が飾られていました。夢中になっている時間が楽しいと嬉しそうに話してくれました。ただ痛いのは辛いので気分も滅入ってしまいますよね。

施術後の姿勢。

曲がった腰を伸ばして立てるようになりました。ちょっとこの写真は反り過ぎですが徐々に真っ直ぐ立てるようになると思います。施術中に「シビレが取れてきた・・・」と何度もおっしゃって痛みも取れたようです。

ただ、大事なのはここからなのです。骨がCカーブになっていますので、しばらくするとまた腰を曲げてしまいたくなります。そしてまた杖を持ちたくなります。せっかくなら杖をつかなくても良いようになって頂きたいので、今までサボっていた筋肉が使えるよう3つのストレッチと腹式呼吸のケアをお伝えしました。次回までに無理しない程度にやって頂き、次回は電車とバスに乗ってリハビリがてら来て頂くようお願いしました。

「年を取っても身体は変わりますか?」との質問に、「生きてる限り変えようと思った瞬間から変わります!」とお答えすると、とても前向きにご自分の身体と向き合ってくださいました。これからどうなっていくのか楽しみです。

Kさんのご主人がお昼ご飯を用意して下さったので、ご馳走になりました。私は驚きました!!世の中にこんなに穏やかで優しい男性がいるのか・・・と。奥さんの言うことをすべて穏やかに受け止め、何でも「そうか、そうしようか」などとやってくれます。見た目もダンディで恋しちゃいそうでした。思わず「世の中にこんな優しい人がいるんですね~」と言うと「昔からこんな感じなのよ」とKさんが言っていました。

お二人を見ていて思ったのは、奥さんがステキだからご主人が何でもしてあげたくなるのかも・・・。奥さんも自分が出来ないことは「お父さん、お願い」と言ってお願いをします。そうですよね~!好きな人からお願いされたら何でもやってあげたくなりますよね~!「優しくすれば優しくしてもらえる」「優しく言えば優しく答えてくれる」・・・当たり前のことだなぁとニヤニヤしながら、私まで優しい気持ちになりました。

 

ご紹介の上車で送り迎えまでしてくださったHさん、ありがとうございました。

人生の先輩から教わることは多いですね。寒くなりましたが、気持ちはホッカホカです!

(私も主人に「ステキ」と思われるように心がけようっと!テヘ)

 

 

では、また。