クレーン車の意外な秘密

先週は雪が積もりましたね~。今週も降るようです!

関東ではあまり降らないので、たまに降ると慣れていないので交通機関が大変なことになりますよね。北海道生まれの私としては、雪の魅力もお伝えしたいところですが・・・。

雪は音を包み込んで深々と降ります。あの不思議な静けさが私は大好きです。一夜にして銀世界を作り出し夜明けの景色は感動します。大雪や大雨は確かに大変ですが、そうやって地球がバランスを取っているのでしょうね。はしゃぎながら集団下校をしている子供達はとっても楽しそうでした!

明後日あたり雪予報なので、足元気をつけて下さいね!

 

さて、先日家の駐車場にクレーン車がやってきました。
坂道の倒れそうな木を切るために来てくれたのです。間近で見るとかっこいい!

木にワイヤーをつけて切る人・クレーンを動かす人・切った木を細かく切って片付ける人・・・3人で作業をします。

それぞれの技に釘づけになり、ずっと見学してしまいました。

木を切る方達は良い姿勢でしたが、クレーンの方の姿勢がちょっと気になりお話をしたところ、腰痛だそうです。常に車の中で上を向いていますからね。しかもクレーン車は小さな駐車場には止めずらいので、コンビニも難しく、仲間がいるとき以外はお弁当持参だそうです。休憩も車の中だったりするとトイレ以外はずっと車の中なのです!しかもこの方は個人でクレーン車を所持しており、家を出たときから家に入るまでほぼ車の中なのです。

何時間も座ったままなので、そのまま固まってしまいそうですね。お風呂上りにふくらはぎ・股関節・腕・首などの曲げていた筋肉のストレッチをゆっくりやってから寝ると良いと思います。休みの日はおもいっきり身体を動かして楽しんでほしいところ。

それにしてもあのクレーン技はすごいです。あんな高い位置から電線を跨いだり、ピッタリ同じ場所へ木を運ぶのです。慣れているとはいえ、本当にすごい!驚きました。

切られた木を見て「薪ストーブだったらもらうのに」と思いました。イスや花台にしたら面白いかもしれないと思い、「もらっていいですか?」と聞くと「どれ?」と言い、平らに切ってくれました・・・さすが職人さん!

こういう光景を見ると、敷地内に植える木も考えて植えないといけないですね。当たり前ですが木は生きているので成長します。邪魔にされたり切られたりしないように、お手入れを楽しめそうな範囲で植えようと思います。

今レモンやライムの木を植えようと考えているのですが、どこにどうやって植えたら良いかなぁ(*^_^*)

 

では、また。