ぶつけていないのに親指が腫れる理由とは

「親指が痛い!ちょっと動かすとものすごく痛い!」と言って主人が深夜1時ごろ帰ってきました。

右の親指が太くなっていました。熱があったのでとりあえず氷水で冷やし、話を聞いてみると「ぶつけてないのに腫れてるし、ちょっとでも動かすと痛い」とのこと。仕事仲間の人たちが心配をしてくれていろいろネットで調べてくれたそうです。「脳の病気かも」「リュウマチか痛風か・・・」とにかく病院へ行った方が良いと勧めてはくれるものの、仕事を抜ける時間がないのです。

「動かすと痛い」ということは筋肉の問題なのかなと思い、炎症のあるお客さんは基本的に施術をしないのですが、主人なので信頼関係のもと施術をしてみました。親指が痛くなる経験は整体の勉強を始めたころ、施術で痛くなったことがあります。身体の使い方を変えてからは痛くありませんが、親指だけに力が入る(負担がかかる)状態が続いた結果だと思います。

痛い指はもちろん触らずに施術したところ、「さっきより痛くない!なんで~!」と驚いていました。が、気付くと深夜2時。眠いので「不思議だね~!」とだけ言って寝ました。

私は最近主人の姿勢が気になっていました。今までより通勤時間が長くなり電車や車に乗る時間が多くなったのと、この時期は出張が多く毎週のように新幹線や飛行機に乗って移動し、深夜に帰ることも多く目の下にクマゴロウが宿っておりました。仕事大好き人間の主人もさすがにヘロヘロで、「オレに優しくしてくれ~」とわけのわからない言葉を発していました。念願叶って?親指が痛くなったことで、みんな心配してくれて優しくしてくれたようです。あはは。

話を戻しますと、少し前に主人がテレビを見ている姿勢があまりにも骨盤後傾(後ろに倒れて腰が丸くなっている状態)で、あごが前へ突き出していたので気になり、ストレッチを一緒にやりました。すると以前は簡単に出来ていたポーズがかなり苦しくなっていました。

今回は、骨盤を倒して座っている時間が長くなったことで、下半身の筋肉が使えていない時間が長くなり、上半身の力に頼らざるおえない状態で、肩や腕に力が入り、指にも力が入りっぱなしだったのかもしれません(指先を使う仕事なので)。骨盤が戻り上半身の力が抜けたことで、指の力も抜けて痛みも和らいだのだと思います。

「お蔭様で指の調子が良くなっています!」と主人からメールがありました。ってことは、脳の問題やリュウマチ・痛風とは違うのではないでしょうか。よかった良かった!

私が整体師になって一番良かったことは「痛み」が怖くなくなったことです。痛みは「偏ってますよ~!」という壊れる前のお知らせなので、心の問題でも身体の問題でもまずは動かしやすい身体へ戻してみます。使い方が変われば当然偏りも変わってくるので、あれこれ考え過ぎずに様子をうかがいます。

先日、首が辛くて来てくれたお客さんに「ご飯を食べるときご主人の場所と交換してみて!」とお願いしました。早速実行して下さったようで、2回目のときに「左のわき腹が筋肉痛になった」とおっしゃっていました。テレビのある位置が関係しているようです。いつも同じ方向へ身体をひねっていると、その方向へひねりやすい身体になっているのです。いろんな方向へ動かせるようになると首ももっと楽になります。

首や指が痛くても、身体は全身で一個なので全体のバランスが大事です。例えばヘアスタイルやメークでも、前髪や目元だけがどんなにキマッテいても、全体のバランスがおかしいと美しくありません。部分ももちろん大事ですが全体的な視野が大事になります。

 

さて、庭に「シマトネリコ」という木を植えました。家とのバランスからいえば5,6メートルの木が理想なのでまだちっちゃいですが、育てつつ剪定しつつ大きくなるのを楽しみたいと思います。うふふ。

では、また。