違和感から脱出!ご飯作る・作らない問題

少し前に焼肉トラジでランチを食べました。

お昼に焼肉を食べるのは久しぶりです。ちょっと贅沢な気分だなぁと思って周りを見てみると、同年代のサラリーマンやおばさま達がたくさんいました。一人の方も多く結構日常的なんですね。とっても美味しかったです!

そんな話を70代のお客さんにすると、「いいわね。私が友達と出かけるときは主人のご飯を作って出なきゃいけないから、出かけるの面倒なの・・・」とおっしゃいました。「ご主人、病気なんですか?」と聞くととても元気だそうです。

こういう年配の方いらっしゃいますよね。ご飯を作るのが苦じゃなければ良いのですが、そのせいで出かけるのが億劫になるなんてもったいない!奥さんは調子が悪くて整体に来てるのに、なんか違和感を感じます。

1000円か2000円も出せば美味しい〜ランチが食べられるのに・・・。

私もそうでしたが『ご飯は私が作るもの』という思い込みがあるのかも知れません。私がご飯を作らないと主人が困ると思い込んで、なんなら「ご飯を作る」という仕事をサボって出かける罪悪感もあったりして。

でも、大抵のご主人は「今日は何か買って食べてくれる?」とか「外で食べてくれる?」と愛する妻がお願いすると、そうしてくれるのではないでしょうか。「うちの人は何にも出来ないから・・・」などとご主人を見くびってはいけません!70代だって出来ます!

昔はコンビニも飲食店もそう多くはなかったし、外食は特別なものだったかも知れませんが、今はね〜(^O^)

奥さんが機嫌良く楽しそうなほうが、ご主人喜ぶと思います。

昨日、70代のお客さんが言っていました。ダメ元で「お父さん、これでお昼好きなものを買ってもらえますか?」と言って2000円置いて出かけたそうです。変な顔して黙っていたそうですが、帰ってきたらカレーが作ってあってビックリしたそうです。ちょっとシャバシャバだったけどまぁまぁ美味しかったそうですよ。

ま、私はお客さんの行動力にビックリしましたけど・・・はやい!

しかも「お願いする時は敬語なんですか?」と聞くと、「作戦よ!」とおっしゃっていました。(勉強になります)ウフ。

お父さん(ご主人)も言われた時は面倒だと思ったかも知れませんが、実はちょっと楽しかったのかも知れませんね。これからは気楽に出かけられそうで本当に良かったよかった。

身体も緩んでいたので、そろそろ卒業ですかね〜(^O^)/

 

では、また。^^。