連日の猛暑。外で働いている方・災害の片づけをしている方・外で遊んでいる方、水分補給はもちろんですが身体を休めてあげることもお忘れなく!こんな暑い日はぜひ頑張らないでいきましょう!

早めに予約を入れて下さった方でも、暑さが人一倍苦手な方は遠慮なくキャンセルして下さって構いません。徒歩や自転車で来て下さっているお客さんはくれぐれも気をつけていらして下さいね。

さて、皆さんはいつもどんなふうにカバンを持っていますか?
「いつも右(左)肩にかけてるのはダメですか?」・「左右バランス良く持った方が良いですよね?」などと聞かれますが、その前にぜひ『持ち方』に注目して頂きたいのです。

例えば右肩にカバンをかけている場合、右肩を上げている人が多いと思います。

上の写真のように持っていると・・・


右肩に力が入り、右肩だけで荷物を支えることになります。(厳密には右肩だけではありませんが簡単に説明しています)


肩の力を抜いて、荷物を持つと・・・


肩だけではなく、身体全体で荷物を支えることが出来ます。

肩だけで支えると少ない筋肉数で支えることになり、肩への負担が大きくなります。ですが、身体全体で支えればたくさんの筋肉数で支えることになるので負担が分散されます。少ない筋肉で持つよりたくさんの筋肉で持った方が断然軽く感じます。(重い荷物を持ち上げるときも、腕の力だけで持ち上げるのではなく身体全体を使うと軽く感じます)

「仕事用のカバンが重くて肩がちぎれそう!」というお客さんがいらっしゃったので、こんな話をしました。実際に荷物を持ってもらうとあら不思議「めちゃくちゃ軽い!」と驚いていました。たくさんの筋肉数を使うことが出来れば、実はどんな体勢でカバンを持ってもそんなに重くはないのです。どんな体勢でもというのは、地球上には重力があるので支点の真上に重心が来ていればという前提です(その話は今度しますね)。

でも『たくさんの筋肉数を使う』ってなんだか難しいですよね。なのでまずは動きにくい動きをしてみます。例えば右ききなら左手も使ってみるとか、後ろへ歩いてみるとか、カニ歩き、違うルートで仕事や買い物へ行くとか、ジャンプしたり、前転・後転・旅行・・・・考えれば山のようにある『いつもと違った動き』。お客さんに「もっともっと遊んでくださいね~」と言うのも、たくさんの筋肉数を使ってほしいからです。そして痛みの出にくい身体になってほしいのです。

どちらにカバンを持つと良いか悪いかではなく、どちらで持っても良いのです。足を組んではいけないという方もいらっしゃいますが、組んでも壊れない身体になれば良いのです。たくさんの筋肉数を使うってすばらしいでしょ!

同じ荷物なら重く感じるより、軽く感じた方が良いですよね~(*^_^*)

 

では、また。^^。