逗子・葉山で遊べるSUP(スタンドアップパドル)で腰痛?

寒い日が続いておりますが、海ではスタンドアップパドル・・・略してSUP(サップ)を楽しんでいる方が多いですね。ウエットスーツを着ればそんなに寒くないのでしょうか?

お客さんに「SUPやったことありますか?」と聞いてみると、「SUPって腰に悪いんでしょ?」とのこと。私は「腰に良い・・・」の間違いじゃないかなと思いましたが、間違いではありません。お友達が腰を痛めたそうです。

「SUP」とはボードの上に立ちながら漕いで海を散歩したり、座って漕ぐことも出来るし、その上でヨガや釣りも楽しめる遊びで、数年前から流行っているようですね。サーフィンのように波に乗ることも可能だそうです。

SUPを楽しんでる人々(寒くなる前に撮った写真)


ヨガもやっていました!

不安定な海の上で遊ぶことは、自然にバランスを取ろうとたくさんの筋肉(特に体幹)が使われるので、身体にとても良いと思います。腰が痛くなった方は身体に力が入って腰が引けた状態で漕ぎ続けたのか、逆に反り過ぎだったのか・・・。ご本人の姿勢や動きを見ていないのでわかりませんが、動かしにくくなっている筋肉があったのでしょう。決してSUPが腰に悪いというわけではありません。

何でもそうですよね!

脚を組むのが悪いとか、今の仕事をしている限り腰痛が治らないとか、枕が悪い!布団が悪い!ベットが悪い!などと言うけれど、脚を組んでも、今の仕事をしていても、どんな枕や布団やベッドだって、それに合わせられる身体でいれば問題ないわけです。そのためには、昨日と違う今日の変化を楽しんだり、発見したり、面白がってたくさんの筋肉と思考を使いたいところです。

先日私は久しぶりに縄跳びをしました。二重跳びが出来るかな?と思ってやってみたら出来ませんでした。それどころか3分飛んでいるのも辛くて焦りました。以前は3分飛べたのに~!

今、二重跳びのあの感覚を思い出すまでやってみようとこっそり練習しています。サボっている筋肉たちが目覚めたら皆さんにもご報告いたしますね。うふふ。二重跳びが出来たらSUPにも挑戦しようと思います。

そうしたら「腰を痛めたお友達」にも具体的なアドバイスが出来そうですね。

SUP・・・面白そう!

 

では、また。