ふと思い立って行ってきました!

皆さま今年もよろしくお願い致します。

今年の年末年始は父の体調が心配で30年ぶりに北海道の実家で過ごしました。いつもは主人の実家で過ごすのですが「父と過ごす最後のお正月になるかも・・・」とふと思い立ち行ってきました。

父は69歳のとき母を亡くしてから現在(83歳)まで一人でアクティブに暮らしていました。ところが毎日通っていたプールや毎週楽しんでいたカラオケがコロナ禍で行けなくなり、老人クラブのサロンも中止、旅行も中止・・あんなに外へ出ていたのに電話をかけるといつも家にいて「で、何だったっけ?」と急速に物忘れが激しくなってきました。

フラフラするというので病院へ行ったところ大きな癌が見つかり、そこから血が滲み出ていて貧血だったようです。食欲もありません。そういうタイミングだったのかもしれませんが、コロナ禍でやる気がどんどん無くなっているようにも感じました。なので近所のおじやおばがいつも心配してくれていました。

とはいえ口は達者なので、久しぶりに兄と私と父で昔話をしながらバトルしたりゲラゲラ笑ったり、いろいろ作った料理を食べてくれて少し元気になったようでした。しかしその後・・・貧血がひどくなり入院しました。

そして葉山に帰る日、なんと吹雪で飛行機欠航となり久しぶりの雪かき!

どんな時も身体を動かすと気分が晴れます。

次の日、実家を出る5分前に父の携帯から電話がありました。「あれ?お前まだいたの?飛行機飛ばなかったのか?・・・爪が伸びちゃって爪切り欲しいんだけど・・・」とのこと。「私今から帰るとこ。爪切りは小さい箱の中に眼鏡(老眼)と本と一緒に入れておいたから」と言うと、「あそうか!見てみるな。ありがとう。気をつけて帰れよ!」とのことでした。思ったより元気そうで安心しました(コロナ禍で面会できないので)。

誰もいないはずの家にこのタイミングで電話を掛けてくるなんて・・・私に「安心」をくれたのかな!親ってすごいな!と思いました。
これからどうなるのか分かりませんが看護師さんと仲良く過ごしてくれることを願います。

 

さて、今回ご予約を変更して頂いたお客さまには大変ご迷惑をお掛けしたのに、温かいお言葉を掛けて下さり本当に感謝しております。これからも一緒に元気でやりたいことをやって生きましょうね!(*^▽^*)

今年は整体だけじゃなく外で一緒に遊びたいですね〜

では、また。^^。

 

お・ま・け
同じ日本でもこんなに違う!(笑)

実家の窓から〜

外はマイナス19℃

葉山の海〜

プラス10℃

日本、面白いですね。うふふ(^ ^)